newsnews

ニュース

Home > ニュース > お知らせ > 当社MoGRAA抗体を応用したプロスタグランジン受容体の立体構造解明に関する共同研究の成果が国際学術誌「Nature Chemical Biology」に掲載されました

当社MoGRAA抗体を応用したプロスタグランジン受容体の立体構造解明に関する共同研究の成果が国際学術誌「Nature Chemical Biology」に掲載されました

2018.12.05

学校法人関西医科大学、国立大学法人京都大学、国立大学法人熊本大学、日本医療研究開発機構と当社との共同研究成果に関する論文掲載についてお知らせいたします。当社が開発、特許を保有するPGE2-EP4シグナル阻害モノクローナル抗体が、プロスタグランジン受容体の立体構造解明に利用されました。本研究成果は、2018124日に、国際学術誌「Nature Chemical Biology」のオンライン版に掲載されました。

 〈発表論文〉

掲載誌:Nature Chemical Biology NCHEMB-A171206880B

論文タイトル:Ligand binding to human prostaglandin E receptor EP4 at the lipid-bilayer interface

 詳細は、関西医科大学のプレスリリースをご参照ください。