テクノロジー

Home > テクノロジー > GPCRに対する抗体

GPCRに対する抗体

GPCR(Gタンパク質共役型受容体)は様々な疾患との関連性が示されており、医薬品を開発する上で重要な標的分子群の1つです。

GPCRを標的とした医療用機能性抗体を作製すれば、GPCRを通じた疾患に関する情報伝達を、直接的に制御できる可能性があり、非常に有用な抗体医薬の開発につなげられる可能性があります。

医薬品の開発の過程で、今までにもGPCRに対する抗体作製は世界中で試みられてきました。しかしながら、GPCRは細胞での発現量が少ないことや、膜外に露出した部分が少ない構造を持つことからモノクローナル抗体作製は難易度が高く、その中でも情報伝達を直接制御できるような機能性モノクローナル抗体の作製は特に困難とされています。